誰でも可能性があるがん!先端治療の種類を知っておこう

がんの治療方法について

日本人の2人に1人はかかってしまうと言われている病気が、がんです。早期発見すれば完治させる事も可能なので、定期的に検診を受ける事はとても大切ですよね。もしがんに侵されてしまった場合、治療を行うことになるのですが、実は治療方法は2つに分ける事ができるのですよ。それが手術、抗がん剤治療、放射線治療の3大治療と呼ばれている標準治療と、保険が適応されない先端治療になります。標準治療で効果が出せなかった場合でも、先端治療で効果が出る事もあるのですよ。

副作用のない免疫療法

がん治療には、一般的な治療方法だけでなく、様々な治療法が研究開発されています。それが先端治療であり、その中の1つに免疫療法があります。免疫療法とは、新しいがんの治療方法としてとても注目されており、取り入れている病院も多いのですよ。自分自身の免疫力を高めたり、がん細胞を攻撃してくれる細胞を増やすという方法です。これまでの標準治療の場合では、激しい副作用が出てしまう事もあります。しかし、免疫療法であれば副作用の心配がないため、注目されている方法なのですよ。

ピンポイントでがんを治療する

がんの先端治療は他にもあり、注目されているのが粒子線治療です。これは光速に近い速さで、粒子をがんに照射する方法です。がんにピンポイントで攻撃する事ができる方法であり、肌を切る必要がなく、また痛みもない治療方法なのですよ。先端治療はこのように進化しており、がんを効果的に治療できるようになっているのです。保険が適応されないので、どうしても高額になってしまいますが、この先保険が適応され誰でも受けられるようになったら嬉しいですよね。

がん先端治療の中でも、陽子線や中性子線を利用したものについては、治療効果が高く、大学病院や研究機関に導入が進められています。