健康志向の人に話題!人間ドックで健康対策

検討診断と人間ドックは何が違う?

人間ドックとは今の健康状態を調べ、異常を早期に発見する目的で行われる検査です。似たものに健康診断がありますが、こちらは1年に1回以上の検査が義務付けられています。会社側が加入している健保組合で検査を受ける場合は、ほとんど無料ですね。一方、人間ドックは法的な義務もなく、通常、健康保険の対象外です。しかし人間ドックは健康診断に比べて検査項目が多く、自分で検査プランを選ぶことができるというメリットがありますよ。

人間ドックではどんな検査をするのだろう

人間ドックの検査は「基礎ドック」と「専門ドック」に分けられます。死亡率の非常に高い心筋梗塞、脳梗塞、がんのリスク検査ができるものを専門ドックと呼んでいます。具体的には、血液検査や胸部X線、腹部超音波検査、胃カメラに加えて、頭部MRIや腹部エコー、心電図などの検査も行います。特に女性向けに、乳がんや子宮がん検査を中心に行う人間ドックもあります。どんなプランで何の検査を受ければよいのかわからない場合は、もちろん医師が相談に乗ってくれますよ。

人間ドックを受けるときに注意することは?

前日は夜9時までに夕食を終え、翌日の検査まで、何も食べないようにします。もちろんキャンディーなどのお菓子もタバコもいけません。飲み物は水だけですよ。お茶、コーヒー、アルコールは禁止です。検査が始まる3時間前になったら、水を飲むのも控えます。午後から検査が始まる場合は、前日の夜0時までに食事を終えておきます。そしてどちらの場合も、油っぽい揚げ物や塩分の多い夕食は避けた方が良いでしょう。血液検査や尿検査に影響が出ないとも限りません。さらに消化の悪い硬いものは、胃カメラや腹部エコーで精密な検査ができなくなる場合がありますので、注意が必要ですね。

人間ドックを横浜で探す場合、豊富な施設の中からこだわりを持って選択できる点が魅力で、より納得のいく検査が受けられます。