治療方法は様々!薬以外のうつ病治療について

様々な治療方法があります

うつ病はすぐに完治する病気ではありませんので、ある程度時間をかけて医師と相談しながら向き合う必要があります。通常は薬での治療は欠かせないのですが、それにプラスする形で様々な治療を並行して行うことが一般的なようです。うつ病の症状が大変深刻と診断された場合には入院することもあります。なぜならうつ病には休養をとることが欠かせないからです。また、入院することにより規則正しい生活やきちんと食事をとること、眠れるようになるように手助けをしてくれます。

精神療法も欠かせません

うつ病になると、思考が悲観的になります。例えば一つのことが駄目だと分かると全てが駄目に違いない、など思考の幅が狭まり、思い込みが激しくなり悲観的思考の悪循環に陥りがちです。そのような症状は1人で抱え込んでしまうのは大変辛いことです。症状を改善するために、医師や臨床心理士が支持的精神療法、認知療法、対人関係療法を行い患者をサポートします。患者の方が抱えているストレスを専門家がしっかり聞き、うつ病特有の精神的に辛い状況を少しでも緩和することに役立てます。

リハビリ治療も大切です

うつ病の症状が改善の方向に向かってくると、治療はそれだけで終わりではなく、社会復帰に向けたリハビリテーション治療は欠かせません。リハビリテーション治療は少しずつ今までの生活に戻していく必要があり、患者の方が早く復帰をしたいと焦ってしまったとしても、しっかり回復するまで治療を続けていかないと、病気が再発してしまう恐れがあります。具体的な治療方法としては、社会人であれば短時間の勤務、負荷の少ない業務から少しずつ始めていきます。

気分が落ち込むなら、うつ病チェックがおすすめです。診断の結果、うつ病の可能性があるなら、早めに医療機関を訪れましょう。